10-12月の住宅ローン新規貸出額、24%増

住宅金融支援機構が「業態別の住宅ローン新規貸出額と貸高残高の推移」を発表

・2016年10~12月の住宅ローン新規貸出額は前年同期比で24.1%増加

・国内銀行の新規貸出額は3兆9,217億円で前年同期比27.5%増と大きく増加

・4~12月期では、新規貸出額18兆605億円で前年同期比27.4%増

 

住宅金融支援機構が、2016年10~12月の「業態別の住宅ローン新規貸出額と貸高残高の推移」を発表しました。

2016年10~12月の住宅ローン新規貸出額は、5兆6,926億円で前年同期比24.1%増。

そのうち国内銀行は3兆9,217億円で前年同期比27.5%増となっています。

信用金庫は4,729億円で前年同期比4.3%減、信用組合は588億円前年同期比14.5%増でした。

住宅金融支援機構のフラット35(買取型)は、7,499億円で前年同期比25.8%増でした。

なお、4~12月期では、住宅ローン新規貸出額は18兆605億円で前年同期比27.4%増となっています。

まだまだ住宅ローンの貸出額は増加していくのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です