新たな買取サービス「買い取り賃貸居住サービス」提供開始

大京穴吹不動産が「買い取り賃貸居住サービス」を提供開始

・自宅を売却してもそのまま賃貸として居住が可能

・居住できるのは最長2年間

・さしあたり引越しをせずに資金を得たい人向け

 

大京穴吹不動産が、マンション買い取りの新サービス「買い取り賃貸居住サービス」を提供開始します。

自宅を売却した売り主に対して、最長2年間そのまま賃貸住宅として借し出すものです。

従来の、「即時買い取りサービス」(売却活動をせずに買い取り、売主は決済と同時に引越しをする)および「買い取り保証サービス」(あらかじめ買い取り金額を提示後、3カ月間仲介で売却活動を実施し、売却できない場合は買い取る)といったサービスでは対応できない案件に応えるもので、

①転居先が決まっているが早めに手元に現金がほしい

②資金を確定してから住み替え先を探したい

③事業資金を調達したい

④借入返済のために売却せざるをえないが子どもの卒業までは引っ越したくない

といったニーズに応えるものです。

入居者の退去後は、同社のリノベーションマンションブランド「Renoα(リノアルファ)シリーズ」として改装し、再販する予定です。

買い取りサービスの拡大によって、買取案件を増やし、リノベーション事業の拡大を図りたい考えとのことで、年間で120 戸の契約を目指すとしています。

賃料については「周辺相場を参考に算出した当社査定額」となっていますが、実際どのくらいに設定されるのかが気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です