フラット35の団体信用生命保険、制度改正

「フラット35」が団体信用生命保険付きの住宅ローンに

・平成29 年 10 月1日「フラット35」申込受付分から

・保険料を一括年払いから月々のローン返済に組み込む

・高度障害の場合の保険金支払要件を身体障害者手帳や介護認定と関連付けわかりやすく

 

住宅ローンを申し込む時、ほとんどの金融機関では団体信用生命保険の加入が必須となっています。ローンの借主に万一の事があったら、残りの債務が免除になるというものです。

この団体信用生命保険、月々のローン返済額に保険料も含まれているのですが、「フラット35」だけは違います。

「フラット35」では、団体信用生命保険の加入が必須となっていません。したがって保険に加入するには別に特約を結びます。

このような現在の制度では、団体信用生命保険の加入に必要な費用は、「特約料」として、住宅ローンの月々の返済金とは別に毎年1年分をまとめて支払う必要がありました。

そのため、特約料支払月の費用負担が大きいとの声が上がっていました。

また、特約料のお支払いを失念した場合など、万一の際に保障が受けられなくなるケースが存在しました。

そこで、今般、団体信用生命保険の加入に必要な費用を住宅ローンの月々の返済金に含めた「フラット3
5」の取扱いを開始することになりました。

つまり、銀行等の住宅ローンと同様の取扱いをするということですね。

さらに、保障内容も充実させる予定です。

現在は、保険に加入した人が「死亡したとき」または「所定の高度障害状態になったとき」に保険金が支払われますが、所定の高度障害状態に該当するかの判定は保険会社の基準によるため、わかりにくい制度となっていました。
新制度では、保険金の支払要件を身体障害者手帳の交付や介護認定等公的制度と関連付けることにより、
わかりやすくするものです。

詳しい内容は【フラット35】サイトより

http://www.flat35.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です