三菱地所、 厚木の物流施設が竣工

三菱地所が開発の物流施設「ロジクロス厚木」が満室で竣工

・三菱地所の単独開発物流施設第2弾

・効率的な物流オペレーションと共に、休憩室、喫煙室、給湯室など働く人へも配慮

・すでに、物流サポート企業の三鷹倉庫と全棟賃貸借契約を締結

 

三菱地所が開発を進めてきた物流施設「ロジクロス厚木」(神奈川県厚木市)が竣工しました。

3月31日、竣工式が行なわれました。

三菱地所の単独開発としては、「ロジクロス福岡久山」に続く第2弾です。

建設地は、小田急小田原線「愛甲石田」駅から徒歩約20分。圏央道・東名高速道路・国道129号線へのアクセスが良好な好立地です。さらに2018年度の新東名高速道路の開通で利便性がさらに高まることが期待されています。

敷地面積は1万4,782平方メートル。建物は、延床面積約2万9,900平方メートル、柱・梁鉄骨造の4階建て。

1階に大型トラックが着車可能なトラックバースを2方面(L字型)に設置。各区画に荷物用エレベーター、カゴ車・パレット兼用垂直搬送機を各1~2基ずつ設置しするなど、効率的な物流オペレーションをサポートします。

屋外にドライバー用喫煙室やトイレ等を設置したほか、各階の専有部内に休憩室や喫煙室、給湯室を設けるなど、施設内外で働く人に配慮した環境の整備にも努めました。

すでに、三鷹倉庫と全棟賃貸借契約を締結しています。三鷹倉庫は物流のトータルサポート企業として、倉庫業務からコンサルタントサービスまでを行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です