国土交通省、2017年2月の建築着工統計を発表

国土交通省が2017年2月の建築着工統計を発表

・2月の新設住宅着工は8ヶ月ぶりに減少

・持家及び貸家は増加も分譲マンションが大きく減少

・新設住宅着工床面積も同じく8ヶ月ぶりに減少

 

国土交通省は3月31日、2017年2月の建築着工統計を発表しました。

http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000671.html

全体として、2月の新設住宅着工は,持家及び貸家は増加しましたが,分譲住宅が減少したため,
全体で前年同月比2.6%の減少となりました。

2月の新設住宅着工戸数は7万912戸(前年同月比2.6%減)と、8ヵ月ぶりに減少しました。

新設住宅着工床面積も、576万8,000平方メートル(前年同月比2.5%減)で8ヵ月ぶりの減少。

季節調整済年率換算値は、94万戸と100万戸を割りました。

利用関係別では、持家が2万1,322戸(前年同月比1.6%増)。貸家は3万842戸(前年同月比6.8%増)となり、16ヵ月連続で増加しました。

分譲住宅は1万8,398戸(前年同月比17.9%減)で3ヵ月ぶりの減少でした。

分譲住宅のうち、マンションは7,562戸(前年同月比35.7%減)で大きく減少。

一戸建住宅は1万696戸(前年同月比0.9%増)で16ヵ月連続の増加となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です